抗生物質と風邪に関しての関連性を正しく理解して使いましょう

抗生物質のことを語る上で、実は見逃せないのが人間ならほぼ誰でもかかったことがある風邪についてですね。多くの人が、この風邪というものに関して実は誤った認識をしていることが多いのです。

今回は、そんな風邪と抗生物質についての関わりを解説していきましょう。

■風邪は薬では治らない
まず、これが意外と驚く人が多いのですが風邪という症状は実は薬では絶対に治せない病気なんです。だから、厳密には風邪薬という薬は医学的には本来存在しない薬なんです。

というのも、風邪というのは複数種類のウイルスが感染することによって引き起こされるウイルスのごった煮のようなものなので症状も原因も、患者によって全然違ってしまうので薬などで治療のしようがないんです。

■抗生物質で治るんじゃないの?
治りません。抗生物質というのは細菌を殺す薬であってウイルスを殺す薬ではないので、風邪によって免疫低下が起こり細菌感染症の合併症を引き起こしている際にはそれに対しては効果があります。

しかし、風邪の原因である根本のウイルスをどうこうできるわけではありませんので実は風邪に対して抗生物質は全く効き目がないんですね。

だから、風邪を引いても抗生物質を使えばいいというわけにはいかないのです。

■風邪を治すには
細菌感染症の合併症を起こしている場合は抗生物質でそれを治療しつつ風邪を自然治癒するのが一番ですね。風邪の治療に関しては基本的に風邪薬を使うことは逆効果はあっても風邪そのものの治るスピードを早めたりはしません。

基本的に、風邪を引いた時はしっかりと栄養をとって十分な睡眠を取り、代謝を良くして体力を回復させることに務めることが結局一番効果が高いのです。